×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





白く輝く満月は西の彼方に遠のき、星々が空を占領した。
辺りの砂利は淡く照らされ、かすかに瞬きを反射していた。

夜明けは近くとも、陽はまだ遠い。

彼の薄いマントでは、その夜にあまりにも心もとなかった。
冬の夜に、肌は張り裂けそうだった。

自らの心と似ている、彼はそう感じた。


「クロウ……もう起きてたの?」

テントの中から、細い声が届いた。

「残念ながら外れだ。俺は昨日から一睡もしてない」

振り返って言葉を返すクロウの顔は、微笑みとも苦笑いともつかない微妙な笑みを浮かべていた。

そろそろとティンクはテントから這い出し、クロウの横に座った。
クロウも無言で腰を下ろす。

「悩みがあるなら、誰かに相談した方がいいよ」

うつむいたままティンクは言う。
クロウは何も返さない。眼は髪に、口元はマントにさえぎられている。

「分かるんだから。クロウが何かすごくつらいってこと。
他のみんなと一緒にいて、そういうのも分かるようになったんだから。
子供だって思ってるならそれは違うよ」

「子ども扱いはした覚えがない。妖精は長生きするものだろう」

笑みと共に返事が出てきた。
おかしくて笑うというより、皮肉るような笑いだった。

「別に、妖精だからって長生きなわけじゃないよ。
私だって、まだ二十年も生きてない」

「ほう?」

それはクロウの興味を惹いたらしく、クロウの顔はティンクの方に向いていた。
暗がりで見えづらかったが、ティンクの表情は確かに悲しみのそれだとクロウは感じた。

「千年も二千年も……つらいじゃん。
人間の世の中で生きていこうと思ったら」

うつむき加減でティンクは言った。
クロウは何も言わず、ただティンクを見つめていた。

続きを言おうかどうか、ティンクは迷っていた。
ただクロウの視線は、待っているようにティンクに刺さって離れない。
続きを聞かせろと、プレッシャーをかけているのかもしれない。
あるいはティンクの心の内を、見透かそうとしているのかもしれない。

「……人間世界は」

堪えきれず、考えるより先に喋りだした。

「人間世界は、変わるのが早すぎるから。
あんまり早く変わるから、私みたいな種族は追いつけなかった」

堰(せき)を切ったように、ティンクは喋った。
クロウは何も言わない。

「科学で何もかも解明しようとした人間を、私たちは恐れた。
神とか魔法とか精霊とか、私たちのすべてが謎の存在になろうとしていた。
自分たちがなんなのか、その答えをどうしようもなく求めてしまった。
それが分からないから、私たちは魔法を捨てだした」

プレッシャーに押されるように、ティンクは喋り続けた。
クロウは何も言わない。

「どうしようもなく貪欲に人間は、土地を求めた。
自分の場所を求めていた。
住む場所を失った妖精たちは、遠くへ逃れ、あるいは人間に紛れ込んだ」

口が勝手に言葉を吐き出していた。
クロウは何も言わない。

「地上以上に、空は人間のものだった。
人の空は塵が舞い、有害物質にまみれ、電線が張り巡らされ、
それらがなければ鉄砲玉が飛ぶ。
耐えられなくなって、とうとう羽を捨てだした」

紡がれる言葉が止められなかった。
クロウは何も言わない。


「それから」


ティンクの語調がついと強くなった。


「人の心は、あまりにも繊細だった」


クロウの瞳の奥が揺らいだ気がした。
それでもクロウは何も言わない。

「人は生きていれば、必ず何か失う。
親が死ぬ。恋人が死ぬ。友達が死ぬ。誰かが死ぬ。
人だけじゃない、ペットとか、いろいろ大切なものとか、何か絶対に失う。
そうして人の心は、だんだん壊れていく。
失うものがない人は、初めから崩れ始めている」

切り込むようにティンクは喋る。
クロウは何も言わない。

「人に紛れて、人の心を手に入れた精霊や妖精は、だんだん心が壊れていく。
千年も二千年も、生きていられるわけがない」

切なさにも似た響きをもって、ティンクは喋る。
クロウは何も言わない。

「私たちは人の心と引き換えに、長い寿命を失った。
望んで捨てた。手に入れた。
人間ほど美しい心を持った生き物はいなかった」

クロウの顔が一瞬、強ばったような気がした。
ティンクはただただ喋り続ける。
クロウは何も言わない。

「大切な人が死んで、悲しむ。心を痛める。
気が狂うほど人を愛しく思う。
人だけでなく、他の生き物にも、時には無生物にさえ、深い愛を注ぐ。
そんな生き物は、人間以外にいなかった。
いたとしても、自分の心身を削るまで愛せる者なんていなかった。
人間ほど、愛せる生き物はいなかった」

ティンクの言葉は脆かった。そして鋭かった。
クロウは何も言わない。

「人の心を手に入れて、長い寿命を捨てた。
捨てざるを得なかった。
千年も二千年も、人の心はもたないから」

その言葉は世界の真実のようにも聞こえたし、馬鹿げた空言のようにも思えた。
クロウは何も言わない。

「でも、人の心っていうのは、強欲なものでもあるから。
人の心と長い寿命と、両方を求める者もいた。
でも人の心は脆すぎるから。
だから、人の心で千年も二千年も生きてたら、そのうち狂って馬鹿やっちゃうんだよ」

「それが魔王か」

ようやくクロウが口を開いた。
ティンクは何も答えなかった。


沈黙が続いた。

声が止んで、辺りを暗がりが支配した。
二人の距離が離れたような感覚があった。
何か言おうと思うティンクだが、のどがつかえて言葉が出ない。

彼の声が届いたのはそんな時だった。

「おはよう。二人とも早いね」

「貴様か」

振り返ったクロウは、表情変えずにそう言った。
そこにいたのはブロントだった。
微笑みをたたえて、二人を見守っていた。
舌打ちをひとつして、クロウはブロントを半ば睨みつけるように見た。

ブロントは、不思議な存在だった。

たくましく男らしい肉体を持っているかと思えば、顔は女のように白く、繊細で、美しい。
にこにこと笑っているが、どこかに哀愁を漂わせている感じがする。
表情豊かに見えるが、彼自身の感情はそのどこにもないように感じる。
リーダーとしてパーティーの中核を担っているが、その彼自身は空虚感を持つように思える。
皆に的確なアドバイスをして導いてくれるが、それが悪魔のささやきに聞こえるときがある。
誰とでも親しくなれる感じだが、誰からとも距離を置いているような感じもある。
誰も近づけないような孤高の雰囲気があるが、クロウも彼に惹かれた。

相反する事柄が渦巻いて、その中心には何もない。
今にも壊れそうなその均衡で、確かに彼は存在する。

「テントに戻ったほうがいいよ。まだ寒い」

そう言ってブロントは背を向けた。

「おまえは何よりもこの世界に似ている」

クロウは思わず口ずさんだ。

「そうだね」

振り返らず、ブロントは短く返事をした。

「おまえは何よりもこの世界から遠い存在だ」

再びクロウは口ずさんだ。

「その通り」

再びブロントは、短く答えた。

相反するふたつの詞(ことば)。
そしてまた渦を巻き始め、混沌という秩序、秩序という混沌へ導く。

「下らん」

クロウは考えるのをやめた。
自分はどうかしている、いつからこんな哲学的なことに取り組むようになった。
今にも壊れそうなのは、この馬鹿馬鹿しい考えのほうだ。

クロウはかぶりを振って立ち上がり、テントに向けて歩き出した。
足音は砂利に響き、夜明け前に響いた。

二人の背中を見つめながら、ティンクはしばし感傷にふけった。
しかしそれもすぐにやめて、クロウの後を追うことにした。
二人の姿を見つめながら、ティンクはそっと羽ばたいた。

無音の小さな羽ばたきは、夜明け前の心に沁みた。



目次 小説一覧 トップ