×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青輪異界国伝聞 美智姫奇譚
第三七話 追憶之三 〜蒼鱗〜

暗い夜。
火の手が上がっていた。
煉瓦の国が、崩壊していた。

崩れた建物の影で、一五歳の蒼鱗は座り込んでいた。
息が切れていた。
全身が、血でぬれていた。
自身の血ではなかった。
空をあおぐ瞳は、恐怖と悲しみの色でぐしゃぐしゃだった。
かたわらに、人間の死体が並べられていた。

声が、響いた。

(上出来だぞ蒼鱗。
内乱を引き起こして国を混乱させ、それに乗じて自己供給型の妖術使いを殺すことができた。
一人は取り逃がしたようだが、他の二人を得られたからよしとしよう。
一番欲しかったヤツは、ちゃんと確保できているしな)

蒼鱗は、頭を押さえてうめいた。

その声が造り出す眷属は、人の心を操ることができた。
それを国の重鎮に寄生させ、内乱を導くことに成功したのだった。

上気した様子で、声は指示した。

(さあ、蒼鱗。
言っていた通りに、妖術使いを)

蒼鱗は、ぶるりと震えた。
見開いた目から、涙がぼろぼろとこぼれ落ちた。
いやだと口はつぶやき出し、それでも体は逆らえず、二体並べられた死体の片方をつかんだ。

声は、突き飛ばした。

(食え)

蒼鱗は、死体に食らいついた。
生肉を、人の肉を食らい、赤く赤く染まっていった。
えずいて食ったものを吐き出し、それもまた食い直し、人肉をがつがつとむさぼった。
血肉が、蒼鱗の体に行き渡っていった。

歓喜の声が響いた。

(おお、おお。
ついに取り戻したぞ。
はるか昔に切り裂かれた我が半身の魂。
完全なる体を得て、復活の準備が整ったぞ)

蒼鱗は、食い続けた。
涙と嗚咽(おえつ)と胃液と、あらゆるものをまき散らしながら、
妖術使いの死体を自分のうちに吸収していった。

声は得々と語った。

(特殊血統同士が子を作ること。
妖術使いが妖術使いを食らうこと。
ともに妖術変化の禁忌だが、根本の理由は同じ。
彼らの魂には例外なく、妖怪の魂が寄生しているからだ)

蒼鱗は、大きくえずいた。
声は意に介せず、続けた。

(そもそも少しでも妖術を扱えるものならば、わずかなりにも妖怪の魂は持っている。
その魂は血筋の中に根ざし、もし強力な魂であればその血筋は特殊血統となり、
そうでなくとも婚姻によって魂が交じり合い、特殊血統ばりの強力な妖術使いが
――つまり、血統非由来の妖力自己供給型が――生じることがある。
そして、その強力な魂がさらに婚姻や食人によって交じり合えば、魂は覚醒。
宿主の命を食らい、完全な妖怪として発生する。
妖怪変化の術とは、そういうことだ)

当人が死ぬから、変化ではないがな、と声は笑った。

蒼鱗は、息をついた。
一人目の妖術使いを、食い尽くしていた。
口の端から消化液を垂れ流し、蒼鱗は背をもたれて放心した。

(休むな。
まだもうひとつ、残ってるだろう)

蒼鱗は、ひぃっと悲鳴を上げた。
瞳がぶるぶると震えて、しぼるように涙が出た。
子をしかるように、声は怒鳴った。

(力がいるんだ。
早く食え、早く)

抵抗できず、蒼鱗は二体目の死骸を食らった。
ふくれた腹に、それ以前に拒否反応を示す体に、強引に肉がねじ込まれ、嘔気を誘発した。
ただ声だけが上機嫌に、そして、何かに気づいた。

(この二人目は、単に力を蓄えるためだけのものだったが。
予想外の魂が巣食っていたぞ。
こいつをうまく使えば、ものすごい力を手に入れられるかもしれん。
ヤツは、今は青玉の血と名乗っていたか、あの血統の中に封印されているな)

声が、くつくつと笑いを上げた。
死人のような顔つきになった蒼鱗に、声は命令した。

(蒼鱗、近の国だ。
近の国に入り込んで、君主に近づけ)

蒼鱗は、しばらく放心したように固まっていた。
やがてふらりと立ち上がって、糸に引かれるように歩き出した。
おぼつかない足取りの、じゃりじゃりと砂利を踏む音は、炎の轟音にかき消された。

崩れた建物も、二体の人骨も、赤く焼けていった。


   *


視界の黒が、周囲の壁の色だと気づくのに、少し時間がかかった。

蒼鱗は、ひたいに手のひらを押しつけた。
汗でぐっしょりと湿っていた。
眼前に来た褐色の手首が、心なしか赤く染まっているような気がした。
吐息が、そで口から入って熱く腕をなめた。

声は、ひとりごちるように言った。

(それから近の国に入って、美智姫に出会ったんだったな。
あのときは透明化の術を使ったとか言い訳したが、
実際にはオレの妖で周りの人間を操ったから、すんなり入れたんだよなあ、くく。
しかし、あの小娘、オレの存在に気づいていたか?
最初におまえと会ったときのあの封印の力で、オレは動きを抑えられて、
おまえと話すこともままならなかった)

蒼鱗は、ずるずるとその場にへたり込んだ。
声は意に介さず、鼻を鳴らすように言った。

(もっともその力も、暴走してから不安定になって、今こうしてオレは活動できているがな。
大妖怪の力を手に入れるには隊にいた方が都合がいいが、
美智姫がいなくなった近の国にとどまっていても、楽しいことになったかもしれないな)

くくくくと、笑い声は蒼鱗の頭で響いた。
蒼鱗は黙ったまま、その場でずっとうずくまっていた。



洞穴の入り口で、阿牙鳴は見張りをしていた。

不思議な景色だと、阿牙鳴は改めて感じた。
上を見れば紫の葉の木々がうねり、下を見ればその形が、そのまま朽ちて黒い地面になっていた。
地上と地下の区別はあいまいで、上を見て木が生きているなら地上、
死んでいるなら地下、という程度の区分しかなかった。
藤のかごをほぐして敷き詰めれば、似たような地形になるかと阿牙鳴は思った。

「阿牙鳴様」

呼ばれて、阿牙鳴ははっとして振り向いた。
一夜が、茶を持ってゆらりと立っていた。
阿牙鳴は慇懃(いんぎん)に礼を言って茶を受け取り、一夜は横に並んで一緒に茶を飲んだ。

「美智姫様は現在高熱を有するものの、妖力は安定しています。
何事もなく一両日も過ぎれば、問題はないと思案されます」

阿牙鳴は一夜の顔を見た。
月光と紫葉の色に照らされ、もともとの無表情さもあいまって、
その顔は陶器のようにぬらいでいた。
感情は読み取れないが、美智姫の様子をわざわざ阿牙鳴に伝えるあたり、
心配しているのだろうと阿牙鳴は思った。

一夜と千夜は本来、侍女という役職に収まるような人間ではない。
近の国で名家に数えられる結(ムスビ)の家に生まれ、
特殊血統である結の血を有する、高位の人間である。
一般の人間を連れられない事情は分かるが、
二人が侍女として美智姫や隊員の小世話をする様子は、阿牙鳴にとって落ち着かない話であった。

そんなことを阿牙鳴が考えていると、不意に一夜が顔を上げた。
何かを見つけた様子だった。
阿牙鳴はその視線を追った。
それを、阿牙鳴も認めた。

「朱狼さん?」

阿牙鳴は、一歩歩み寄った。
樹林の影に立っていたのは、短髪で、格好もぼろぼろだが、間違いなく朱狼だった。
背中と左腕に、黒い何かが覆いかぶさっていた。
もう一歩近づいて、それが巨大なカニの甲羅とはさみであることに気づいた。

駆け寄って、阿牙鳴はうかがった。

「朱狼さん、いったいどうしてここに」

一夜が、制止の声を上げた。

異物感が、阿牙鳴の腹にもぐり込んだ。
朱狼の左腕のはさみが、そこに突き立てられていた。

「あ」

ごぼりと、阿牙鳴ののどが鳴った。
腹の穴から、赤くしずくがしたたり落ちた。
間近で見て、阿牙鳴は朱狼の瞳に生気が宿っていないことを感じた。
まるで、死体が動いているようだった。

朱狼ははさみを引き抜いた。
阿牙鳴はくずおれた。
朱狼の顔が、ゆっくりと動いた。
視界の真芯に、一夜の姿をとらえた。



ぴくりと、千夜が反応した。
洞窟の中で、熱のある美智姫に付き添っているところだった。

美智姫はまぶたを上げて、吸い込まれるような青い瞳で千夜を見た。
千夜はここでない場所に焦点を向けて、ぶつぶつと言葉をこぼした。

「一夜、逃げて。
それは危険な状況。
逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げて、逃げ」

一瞬、千夜の動きが止まった。
それから次の瞬間、千夜の顔に明確な表情が浮かんだ。

「いやああああああああああ!」

それは悲鳴だった。
美智姫がずっと一緒にいて、見たことのない表情だった。
千夜は頭を抱えて、走り出した。
ただならぬ状況に、美智姫は体の苦痛もかまわずに追いかけた。
千夜は洞窟の出口に向けて走っていた。
騒ぎが聞こえて、白納仁や寧火も顔を出した。

唐突に、千夜は足を止めた。
美智姫たちもそれにつられて立ち止まった。
千夜は頭を抱えて、遠くにいる一夜に呼びかけた。

「ああ一夜、よかった生きてた。
状況は、今どうなって、あなた」

千夜はそこで、口が空回りした。
目は見開いて、深く、声が鳴り響いた。

「ああ、ああ、ああああああああ!」

美智姫は、洞穴の向こうを見た。
入り口に近い側、風が吹き込む方向に、朱狼はいた。
死人のようなまなざしで、ぼろぼろの装束と黒い甲冑を身に着けて。
赤く光るのは、髪と目の色だけではなかった。
濡れた身は、月光をはじいて赤く明滅していた。
右手に、腕がにぎられていた。

切断された、一夜の右腕だった。









第三八話へ

【投票】

目次 小説一覧 トップ