×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【登場人物紹介】

目次に戻る

▼朱狼 ▼美智姫 ▼白納仁 ▼李乃 ▼阿牙鳴 ▼岩砲 ▼蒼鱗 ▼千夜・一夜 ▼泊 ▼蒲公英 ▼達國 ▼寧火 ▼宙々


朱狼(シュロウ)

花坐隊隊長。
赤い瞳と、長く伸ばしてひとつに束ねた赤い髪が特徴的な少年。
切った対象から妖を吸い取る妖刀「紫桜丸(シオウマル)」を操る。



美智姫(ミチヒメ)

近の国の姫。
封印の力を有する特別な血統「青玉(セイギョク)の血」を有する。
長い黒髪に白い肌、瞳は青色。



白納仁(ハクノウジン)

白いひげと白い髪をたくわえ、とび色の瞳を持った大柄な老人。
炎の妖術を操り、妖術に魂を込めて妖怪を作り出すことができる。



李乃(リノ)

長い黒髪に緑や金の髪飾りをつけた、女性のような風貌、喋り方の男。
妖力自己供給型の妖術使いで、電撃を操る。



阿牙鳴(アガナル)

坊主頭、馬面の男。
爆薬やカラクリの扱いを得意とする。



岩砲(ガンホウ)

白納仁以上に巨体で、毛むくじゃらの顔をしたクマのような男。
寡黙。



蒼鱗(ソウリン)

花坐隊に医者として所属する青年。
褐色の肌に銀の髪、金の瞳を持ち、容姿端麗な優男。



千夜(チヨ)・一夜(ヒトヨ)

双子の侍女。
黒髪に、千夜は金の髪が、一夜は銀の髪が混じる。
互いの魂をつなぎ、通信をしたり記憶の共有をしたりできる。



泊(トマリ)

酒宿にて出会った、封妖酒を作る杜氏の一人娘。



蒲公英(タンポポ)

妖力自己供給型の妖術使いの少女。
氷を操り、魂に干渉して思考を読み取ったり妖怪を作り出したりする。
瞳は緑、髪は金色で足首まで届くほど長い。



達國(タツクニ)

若くして甲の国の領主の座につく青年。
右目につけた眼帯の下には、見たものに妖術をかける「水晶眼(スイショウガン)」を持つ。
茶色い左目、逆立った茶色い髪、女好き。



寧火(ネイカ)

甲の国の妖術使い。
栗色の瞳、波打った栗色の髪で、達國いわく「おっぱいたゆんたゆん」。



宙々(チュウチュウ)

甲の国に住む、出っ歯とねじり鉢巻きの小男。





目次 小説一覧 トップ