×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ボーイ「ポケモンマスターを目指して、さあゆくぞしもべども」

ツボツボ「ツボー」

モンジャラ「モ、モン」

ドククラゲ「シュルシュル」

ガール「シュミ悪いわよ……」


   *


ボーイはマスターボールを手に入れた!

ガール「オチが読めたわよ、あたしを捕まえる気ね」

ボーイ「いや、ちょっと名前を変えてマスターベー」

ガール「マグマに封印されちまえ(射殺」


   *


ボーイ「ヘビーボールは体重が重い相手ほど捕まえやすいんだな」

ガール「システム上100kg単位の違いじゃないと効果の差はないけどね」

ボーイ「なんだ、じゃあこれでガールの体重測定はできないのか」

ガール「マグマに封印されちまえ(縊殺」


   *


ボーイ「ドククラゲ、怪しい光」

ドククラゲ「シュルシュル」

敵のリザードンは混乱した!

ボーイ「モンジャラ、痺れ粉」

モンジャラ「モ、モン」

敵のリザードンは麻痺してしまった!

ボーイ「ツボツボ、巻きつく攻撃」

ツボツボ「ツボー」

敵のリザードンはツボツボに巻きつかれた!

ガール「普通のポケモンバトルなのに、なんか嫌っ!!」


   *


ボーイは技マシン46を起動した!
中には泥棒が記録されていた!
誰に覚えさせますか?

ボーイ「習得するのはボク。
    そして盗むのさ、君のハートを」

ガール「マグマに封印されちまえ(圧殺」


   *


ボーイは技マシン28を起動した!
中には穴を掘るが記録されていた!

ボーイ「君の穴を掘り進むのさ」

ガール「マグマに封印されちまえ(握殺」


   *


ボーイは技マシン20を起動した!
中には堪えるが記録されていた!

ボーイ「やっぱり持久力があったほうがいいだろ」

ガール「マグマに封印されちまえ(焼殺」


   *


ボーイは技マシン10を起動した!
中には目覚めるパワーが記録されていた!

ボーイ「ボクの股間から目覚めるパワあぁぁああぁあ」

ガール「マグマに封印されちまえ(爆殺」


   *


ガール「そして定番のメロメロが無いのね」

ボーイ「むしろ魅力の足りないガールが習得した方が」

ガール「マグマに封印されちまえ(虐殺」


   おわりー


その3へ

目次 小説一覧 トップ