×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シュガーフリー



月明かりが、たったひとつしかない窓から部屋の中に射し込んでいた。
狭い部屋だった。
窓があるところ以外の三方は、木箱が乱雑に置かれて封鎖されていた。
その部屋の真ん中で、少女が眠っていた。
月明かりに照らされた少女の名前は、ルナといった。
銀の髪が波打って、細い体にはこげ茶のワンピースを着ていた。

少女のかたわらに、クマのぬいぐるみがあった。
シュガーという名のぬいぐるみだった。
ルナの唯一の、友達だった。

不意に、シュガーの体がぴくりと動いた。
それからしばらくして、シュガーはようようと立ち上がった。
この晩、シュガーは初めて気づいた。
シュガーは、動けた。

シュガーは見下ろした。
ルナはすうすうと、規則的な寝息を立てていた。

シュガーは見上げた。
たったひとつの窓に、満月がぽっかりと輝いていた。
満月の光を受けて、シュガーの瞳はきらめいた。



太陽の光が、窓から射した。
ルナは目を覚ました。
金色の瞳に太陽光が当たって、ルナはまぶしげに手の甲をかざした。
それからルナは、体を起こした。

部屋の様相が、ルナの目にぼんやりと映り込んだ。
夜のうちに、木箱が動かされた形跡があった。
ルナはその場で手を伸ばした。
その手は、板張りの床をなでるだけに終わった。
そこにあるはずのシュガーが認められなくて、ルナは辺りを見回した。
シュガーは窓辺に座っていた。
ルナは首をかしげて、それからシュガーのもとへ歩み寄った。
そうしてその手を取ろうとした。

その瞬間、シュガーがぴくりと動いた。
ルナは驚いて手を引っ込めた。
シュガーは、立ち上がった。
ルナはまばたきもせずに、その姿を見つめていた。
シュガーはルナに顔を向けて、それから話しかけようと試みた。

(やあルナ、驚かないで。
ボクだよ、シュガーだよ。
ボク、動けるんだ)

しかし、声は出なかった。
刺繍されたまがいものの口は、決して開くことはなかった。
ルナの金色の瞳に、シュガーは見つめられた。

ルナは声を発することができなかった。
また文字を読み書きすることもできなかった。
結果として、二人は言葉によって意思を伝え合うことが不可能だった。

シュガーは肩を落とした。
ルナはしばらくシュガーを見つめて、それから木箱の方へ向かった。
ルナは木箱のひとつを開けて、そこからリンゴを取り出した。
そのリンゴを、シュガーのもとへ持っていって差し出した。
シュガーはリンゴを受け取った。
そうしてから、力なく首を振った。
シュガーの口は、物を食べることもできなかった。

ルナは首をかしげると、シュガーの手からリンゴを取り上げた。
それをひと口かじってよくかむと、ルナはくちびるをシュガーの口に押し当てた。
かみ砕かれたリンゴは、シュガーの口を汚しただけだった。

ルナはシュガーの口を指でなぞった。
それから一度シュガーから離れて、窓の右下から突き出た蛇口に手を置いた。
蛇口をひねると、ぬるい水が流れ出た。
ルナはそれを手にくんで、シュガーの口をすすいだ。
シュガーの目は、黒い石がはまっているにすぎなかった。
それでもルナは、震えるシュガーの目の下を何度もぬぐった。
蛇口から流れた水は、板目にそって木箱のすき間をぬっていった。

二人はそれから、いつものようにままごとをした。
普段は動かないシュガーが、今日は自発的に動いた。
シュガーと遊びながら、ルナはときどき笑顔を見せた。

ルナは歌を歌った。
声のない無音の歌に合わせて、シュガーはくるくると踊った。
歌いながら、ルナはぽろぽろと涙を流した。
そうしてから、シュガーににっこりと笑いかけた。

日は沈んで、眠る時間になった。
ルナはシュガーを抱いて、板張りの床の上に寝転んだ。
規則的な寝息は、すぐに聞こえ始めた。
シュガーはルナの胸の中で、乾いた瞳に手を当ててさめざめと震えた。

窓からのぞく十六日目の月は、やわらかに二人を照らしていた。



日が昇った。
ルナは目を覚ました。
目の下に残った涙の跡をこすりながら、ルナは体を起こした。

部屋はいつもと、まったく変わりなかった。
板張りの床は古くて、天井は窓に向かってななめに下っていた。
木箱は今日も、夜のうちに動かされた形跡があった。
ただルナの腕の中で、シュガーは確かに動いていた。

ルナは水道で顔を洗って、木箱のリンゴを朝食にした。
シュガーはそれを、静かに見ていた。

太陽は、高く高く上がった。
暑い日だった。
気温はじりじりと上がって、ルナは水で暑さをしのいだ。
水道の水はぬるかった。
ぬぐってもぬぐっても、ルナのひたいには汗がにじんだ。
シュガーはそれを、ずっと見ていた。
それから不意にすっくと立ち上がると、蛇口のもとへと歩み寄った。

シュガーは、蛇口の前でじっとそれを見つめた。
ルナはシュガーが何をするのか分からずに、ただ様子をうかがった。
シュガーには決意があった。
流れる水を目で追いながら、シュガーは口を動かせないまま思った。

(動けないはずのボクが動いている。
それはきっと、意味のあることなんだ。
今のボクなら、きっと何か奇跡が起こせるんだ)

シュガーは蛇口に手をかざした。
水はしばらく、そのまま流れていった。
それから突然、透明な砂のようなものが混じった。
それは氷の粒だった。
シュガーは手をかざし続けた。
水はみるみるうちに固まっていった。

水は、氷の塊になった。

ルナは目を丸くして、氷をまじまじと見つめた。
シュガーはルナを振り返った。
ルナが顔をシュガーに向けると、シュガーは手まねきして氷を指し示した。
ルナは恐る恐る手を伸ばした。
そしてその手が氷に触れると、冷たさに驚いて手を引っ込めた。
ルナはこのとき、氷を見るのも触るのも初めてだった。

ルナはシュガーの顔をうかがった。
シュガーはルナの様子を見守っていた。
ルナはもう一度氷に触れた。
ぺたぺたと手のひらを当てると、氷の冷たさが染み込んでいった。
ルナはシュガーに顔を向けた。
それからシュガーに、にっこりと笑顔を見せた。

それからルナは、氷を抱いて歌を歌った。
無音の歌に合わせて、シュガーは軽快な踊りを踊ってみせた。
ルナは氷を抱きながら笑った。
それからシュガーを抱いて、また笑った。

あっという間に夜になって、窓からは立ち待ちの月が見えた。
ルナはシュガーを抱いて横になった。
月明かりは二人を、ひかえめに照らした。
ルナは一度シュガーを強く抱きしめると、その頭にほおをすり寄せた。
それからほどなくして、ルナからすうすうと寝息が聞こえた。
シュガーはルナの腕の中で、ルナの手と自分自身をきつく抱きしめた。
溶けた氷が、木箱の間に染み込んでいった。



朝はやって来た。
ルナは目を覚ました。
シュガーはそのとき、窓辺にいて外をながめていた。
ルナは水道で顔を洗って、木箱のリンゴを朝食にした。
木箱はやはり、夜のうちに動かされた形跡があった。

ルナはシュガーに顔を向けた。
シュガーはずっと、窓の外を見ていた。
ルナはシュガーのそばに寄りそった。
シュガーには、新たな決意があった。
シュガーはルナを振り返ると、心の中で決意を言葉にした。

(今のボクは奇跡を起こせる。
ルナのために奇跡を起こせる。
ボクがルナに一番してあげたいことは、ルナを外の世界に連れていくことなんだ)

シュガーは窓枠に飛び乗った。
ルナはずっとシュガーを見ていた。
シュガーは窓に手をかけた。
しばらく、シュガーは何も動かなかった。
それからついに覚悟を決めると、シュガーは一気に窓を押し開けた。

外には、海が広がっていた。

窓が開いた瞬間、強い風が吹き込んできた。
潮風の香りが、ルナの嗅覚をなでた。
シュガーは眼下をのぞき込んだ。
吸い込まれそうなほど真っ青な海が、はるか下にひろびろと横たわっていた。
シュガーは足がすくんだ。
カモメがこうこうと、あっちからこっちから飛びかっていた。
そこは海の真上だった。
広い海のど真ん中に、窓だけがぽっかりと浮かんでいた。

シュガーは振り返った。
ルナの金色の瞳が、シュガーをまっすぐに見つめていた。
その瞳からは、恐れや期待などのさまざまな感情が読み取れた。
シュガーはこぶしをにぎりしめた。
沸き上がる恐怖を押さえつけながら、シュガーは自分に言い聞かせた。

(動けないはずのボクが動ける。
水を氷に変えることもできた。
それならば、ぬいぐるみが空を飛べたって、何もおかしくはないんだ)

シュガーは手を差し出した。
ルナはとまどいながら、その手を取った。
シュガーはルナの手を、自身の肩に回した。
そうしてルナを背負う形になると、シュガーは窓の外へと向き直った。
海と空は青くて、そして途方もなく広かった。
カモメはこうこうと、せかすように止めるように鳴き続けた。
シュガーは震える自身の足をしかりつけた。
それからしばらく直立した。
そうして一発、気合いを込めた。

(飛ぶんだっ)

シュガーの足が、窓枠を蹴り出した。

シュガーは宙に浮いた。
ルナを背中に乗せて、広大な海の上を浮きもせず沈みもせず滑空した。
シュガーの眼下には青い海がきらめいて、眼前には青い空が輝いた。
シュガーは両手を広げて風を受けた。
カモメが滑るように寄り添って、シュガーの横を並走した。
こうこうという声が、シュガーの身を取り囲んだ。
シュガーは、完全に飛んでいた。
ただひとつ、シュガーからはルナの顔が見えなかった。
シュガーはルナの顔が見たかった。
だからシュガーは、体を少しねじった。
バランスが崩れた。
シュガーの浴びる風が変わった。
カモメは一斉に離れていった。
二人の体はきりもみ打った。
ぽっかりと口を開けた青い青い海へ、二人はくるくると回りながら吸い込まれていった。










海面からの上昇気流によって、シュガーとルナはいつもの部屋に戻っていた。
窓からはもう、居待ちの月がのぞいていた。
シュガーは結局、ただのぬいぐるみにすぎなかった。
木箱はルナたちのいない間に、動かされた形跡があった。

ルナはシュガーに顔を向けた。
板張りの床に倒れたシュガーは、もうぴくりとも動かなかった。
ルナはシュガーを抱きかかえて、その顔を見つめた。
それからその耳にくちびるを押し当てると、ルナはもごもごと口を動かした。



 ありがとう



シュガーの笑顔は、ルナに届いただろうか。










【投票】

目次 小説一覧 トップ