×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スリーポイント


大学祭の初日は薄曇りながら、まずまずのにぎわいを見せていた。
亜依奈は気合いを入れていた。
ツインテールのリボンをいつもよりきつく結んで、喜色満面でキャンパスに飛び込んだ。
それがもう、一時間も前の出来事になっていた。

待ち合わせの相手は、ようやくもって小走りでやってきた。
そうしてキャンパスに踏み込む直前で、はたと足を止めた。
彼には、見えていた。
入ってすぐの場所に立ち尽くす亜依奈の体からは、鬼神のような怒りのオーラが発せられていた。

彼は、達則はつばを飲み込んだ。
すでに達則には、後退など許されていなかった。
達則は覚悟を決めた。
そうして一歩、キャンパスに足を踏み入れた。

瞬間、怒りのオーラは達則の肌を駆け上がった。
達則は身震いした。
それに遅れて、今度は亜依奈本体が詰め寄ってきた。
達則より背の高い亜依奈は、達則の胸倉をつかむと怒涛の勢いでまくし立てた。

「バカバカバカバカバカ達則。
今何時だと思ってるの。
亜依奈がどんなけ待ったか、分かってるのっ」

達則は揺さぶられて、赤縁の眼鏡をずらされながら言い訳した。

「ごめん、ごめん、目覚ましが、鳴らなくて、ちょ、離して」

亜依奈は押しながら離した。
達則は後ろによろめいて、通行人とぶつかった。
金縁眼鏡のごついおっさんににらまれて、達則は思わず縮こまって謝った。
亜依奈はそんなことも気にせずに、達則の腕をつかむとぐいぐいキャンパス内へ引っ張った。

「ほらほらほら、さっさと行くよっ。
大学生になって大学祭を楽しめなかったら、せっかくのキャンパスライフがもったいないよ。
気合い入れてツインテのリボンも新調したんだからねー」

「あのさあ、亜依奈」

達則は引っ張られながら、ぼそぼそとひかえめに言った。

「大学生にもなって、身長一七二センチで、ツインテはないんじゃないかと、ボクは思うワケで」

亜依奈の足が、ぴたりと止まった。
彼女からオーラが立ちのぼる前に達則がヤバイと感じたのは、幼なじみ歴一九年のなせる業だった。
亜依奈は振り返った。
マジ泣きしていた。
そして亜依奈は、亜依奈の感覚ではポカポカという擬音で、達則を叩きまくった。

「ひ、ひどいよひどいよ達っちゃん。
亜依奈がデカ女なの気にしてるの知ってるクセにいっ。
デカ女で悪いか、デカ女がツインテして悪いのかーっ」

達則はボカボカと殴られて、あやうく意識が飛びかけた。
亜依奈は唐突に殴るのをやめた。
それからコンマ一秒で泣きやむと、何事もなかったかのようににっかと笑って喋った。

「ま、どうでもいいや。
それよりほら、大学祭だよ大学祭。
キャンパスライフを楽しもう、楽しもーっ」

亜依奈は笑いながら達則を引きずっていった。
実に元気のいい笑い声だった。
金縁眼鏡のおっさんが、一人ぽつんと取り残された。



達則の記憶が正しければ、彼がキャンパスにたどり着いたのはわずか三十分前のはずだった。
そしてそのときと現在で何か変化があるのなら、それはその三十分間に起こったことになる。
今、達則の知覚範囲には劇的な変化が見受けられていた。
ひとつは達則の財布が、かつて感じたことのないほどペッタンコになっていること。
そしてもうひとつは、亜依奈の両手があふれんばかりの荷物でふさがっていたことだった。
ついでに言うなら、その荷物はすべて例外なく食料品である。

亜依奈はにっかにかして、右手のフランクフルトをほおばった。

「むぐむぐ、おいひいー。
あっはっはー、ひゃーのひーいねー」

達則は背後霊のように無言でついていった。
金がかかるのは分かっていたことだが、三十分で吸い尽くされるのは想定外だった。
亜依奈はフランクフルトを飲み下して、のんきに喋った。

「大学祭は楽しいねー。
高校と違ってさ、出し物がクラス単位じゃなくてサークル単位だからね。
サークル入ってなければ遊ぶだけだよ、準備なしだよ。
あははービバ帰宅部ー」

キャンパスライフを楽しみたいのにサークルには入らんのか、とツッコむ気力は達則にはなかった。
亜依奈は右手のフランクフルトを食べさしたまま、左手のチョコバナナをほおばった。

「うふふふふ、ひあわへー」

それから亜依奈は、ふと立ち止まった。
達則はぶつかりかけて、ギリギリで停止して亜依奈の視線を追った。
模擬店のテントが立ち並ぶその一角に、他とは装いの違うブースがあった。
大量のおもちゃと段ボール製の大道具を並べたそのブースの看板には、
「玉入れ スタンプ3個で1回」と書かれていた。

亜依奈の目が輝くのが、背後にいる達則にも分かった。
亜依奈は振り向くと、達則の想像の十倍くらい目を輝かせてはしゃいだ。

「ね、ね、達っちゃん、玉入れだって。
やりたいよね、やりたいよ、やってこーっ」

両手の荷物を手放さずに器用に達則をつかんで、亜依奈は玉入れコーナーに引っ張った。
三十分の模擬店めぐりで手に入れたスタンプすべてを代償に、亜依奈は玉を獲得した。
亜依奈は気合いを入れた。
段ボールで作られたいくつもの穴を目がけて、玉は投げられた。

その様子を偶然見ていた学生は、のちにこう語っている。

「神懸かってるってのは、ああいうのを言うんだろうな。
見てて感動したぜ、あのコントロール。
投げる玉投げる玉、例外なく穴に入らねえの。
もう、縁に当たってはじかれるとかそういう玉すらねえんだぜ。
九十度違う方向に投げる人間、初めて見たよ。
え、ああこのひたいの火傷。
ソイツの暴投が隣の屋台に突っ込んで、すっ飛んだお好み焼きがオレのひたいに着地したんだ」



亜依奈は、マジ泣きしていた。
景品を一個も取れないまま、残りの玉はあと一個。
亜依奈はうるんだ瞳で振り返った。
びくりとする達則に、亜依奈はしゃくり上げながら頼んだ。

「助けてようー、元バスケ部万年補欠の達っちゃんー」

「それは期待してるのかバカにしてるのか」

達則はため息をついた。
それでも預かっていた食料品を横に置くと、亜依奈から玉を受け取った。
受け取りながら、達則は尋ねた。

「景品は何がいいの」

「ウマのポーさん」

達則は景品の棚を見た。
二メートルくらいあるウマのぬいぐるみが、そこにはあった。
一瞬、このぬいぐるみを持って帰らされる自分の姿が目に浮かんだが、それでも達則は気を取り直した。
達則はこれがもらえる穴を探した。
セットの一番高いところに、それはあった。

「マジにバスケのゴールくらい高いじゃん」

達則はつぶやいて、ともかくシュートの構えに入った。
そうして投げる寸前、亜依奈から声が飛んだ。

「達っちゃーん、元バスケ部なんだから、カッコよくスリーポイントで決めなよー」

達則はずっこけた。
よっぽど文句を言ってやろうかと思ったが、亜依奈の期待に満ちた眼差しを見て言う気も失せた。
達則は仕方なく、充分にスペースがあるのを確認して後退した。
スリーポイントラインの位置、ゴールから六・五メートル。
その距離まで離れて、達則はシュートの姿勢をした。
いつの間にかギャラリーが集まっていた。
その視線を背中で感じながら、達則はシュートを放った。



温かいコーヒーを飲みながら、達則は空をながめた。
薄曇りの空は晴れる気配もないが、雨が降る様子もなかった。
達則はいい天気だと思った。
少なくとも、横でぐずつく亜依奈よりは。

「ううっ、うっ、ポーさん、ううー」

達則はため息をついた。
もう一時間も泣き通しの亜依奈に、達則はあきれながら言った。

「いいじゃんか別に、そこまで泣かなくたって。
たかがぬいぐるみ、手に入らなかったからって死ぬわけじゃないし」

亜依奈はうらめしそうに、鼻をすすりながらぐちった。

「もしさ、亜依奈がさ、今から一二時間後に死ぬとしたらさ。
亜依奈はポーさんを想いながら、未練を残して死ぬんだよ。
そしたら達っちゃんは、一生消えない罪を背負って生きていくんだよ」

「亜依奈は一生死なないよ」

達則はコーヒーを飲んで、湯気を吐き出した。
達則の視界には人々が行きかって、思い思いに大学祭を楽しんでいた。
ふと、その人々の中から、二人へ向かって走ってくる男がいた。

「おーい、達則ー」

達則は手を上げて返事した。
男は達則と亜依奈の共通の友人だった。
駆け寄った友人は亜依奈にちらりと目をやって、特に反応を示さずに達則に言った。

「この後バスケのトーナメントやるみたいなんだよ。
メンバーが足りないからさ、達則も入ってくれよ。
優勝商品はヴィーだぜ、ヴィー」

友人はそれのチラシを差し出した。
達則は受け取って、その内容を確認した。
文字列を追っていた達則の目は、ある一点で停止した。
それからしばらく考えて、一度亜依奈をちらりと見てから達則は返した。

「やってみるか。
優勝は、多分無理だと思うけど」



かくしてトーナメントは始まった。
達則たちのチームは一応経験者ぞろいで、案外するすると勝ち上がっていった。
亜依奈はさっきまで泣いていたのも忘れて、鬼のように応援した。

「いけーっ、攻めろ攻めろ達っちゃんー。
トオル君右だ右、ほら守れー。
そこだやれーっ、決めろーっ、殺せーっ。
あーもー何やってんのー殺すぞー」

そんなこんなで、達則たちは決勝戦まで進出した。
決勝戦は白熱の試合となった。
両チームとも互角の実力で、大接戦のまま残り時間は一分を切った。
得点差はわずかに一点、達則たちが負けていた。
一点差を守りきるべく、相手チームはもうボールを渡すまいとしていた。
その中で、わずかに甘いパスが出た。
ボールは達則チームにもぎ取られた。
歓声をくぐり抜けて速攻で詰め寄ったチームメイトは、ゴール前の達則にパスを出した。
達則は受け取った。
間近のゴールまで、障害は何もなかった。
勝った、と、亜依奈も他のチームメイトたちも思った。

そのとき達則は、ゴールから遠ざかった。
必要のない後退で、スリーポイントラインの外へ出た。
誰も理解が追いつかなかった。
シュートは放たれた。
ふわりと浮き上がったボールは、ゴールの縁にはじかれた。

ボールが床を叩くより早く、試合終了のブザーは鳴った。



空は、もう暗くなりかけていた。
達則は無言のまま、空をながめていた。
その隣で亜依奈は、ぐちぐちと達則を責めた。

「勝ってたじゃん、あれ絶対勝ってたじゃん。
あんな余計なことしなければ、どー考えても勝ってたじゃん。
ヴィー取れてたじゃん、もったいない。
なんであんな余計なことしたのよ。
ねえ、聞いてんの達っちゃん」

亜依奈はぶーたれた顔で達則の顔をのぞき込んだ。
達則は空を見ながら、ぶっきらぼうに返した。

「玉入れの、リベンジをしたかったんだよ」

亜依奈はけげんな顔をした。
それから、あきれたようにこぼした。

「玉入れって。
まさかスリーポイントをはずしたから、もっかいあそこで挑戦しようとしたの。
そのために、むざむざヴィーを手放したっていうの。
アホじゃん」

達則は何も返さなかった。
二人の耳に、誰かが走り寄ってくる音が聞こえた。
亜依奈は振り返った。
そのとき、横から達則の声が届いた。

「ごめん、ボク先に帰るよ。
後はまかせる」

亜依奈は顔を戻した。
そのとき達則は、もう走り出していた。

「ちょ」

亜依奈が止める間もなく、達則は一気に走り去ってしまった。
見えなくなった背中を見つめながら、亜依奈は口をとがらせた。

「なんなのよー、もうー」

それから、足音の主は声をかけながら亜依奈のそばに寄った。
亜依奈は顔を向けた。
それは先の友人だった。
友人は何か大きな荷物を持って、肩で息をしながら亜依奈に言った。

「達則のヤツ、準優勝の景品置いてっちまったんだよ。
亜依奈、家近いだろ。
悪いけどこれ、持ってってくれよ」

そして友人は、荷物を差し出した。

それは玉入れのときに亜依奈が求めた、ウマのポーさんのぬいぐるみだった。

亜依奈はぼうぜんとした顔をして、そのぬいぐるみを受け取った。
友人は腕を組んで、独り言のように喋った。

「まったく達則、なーんであんな無意味な後退しちまったかね。
あれがなきゃ絶対勝ってたぜ、あの試合。
バカなことしたよなーアイツ」

亜依奈は何も言わずに、じっとぬいぐるみの顔を見つめていた。
やがて、亜依奈はふっと笑った。
亜依奈は顔を上げた。
その顔から満面の笑顔をこぼしながら、亜依奈は返した。

「うんっ、バカだよね!」

そして亜依奈は走り出した。
ぬいぐるみを右手で振り回しながら、その長身を軽快に跳びはねさせて。
駆け抜ける屋台の列は、初日の後片づけをしていた。
誰かが天気予報を見て、明日は晴れると伝えた。
それに呼応して、別の誰かが笑顔を見せた。

大学祭は、明日も続く。
その期待をからめ取って、ツインテールがくるりと舞った。










目次 小説一覧 トップ