×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Ib[アイビー]
呪術師・瑠架‐2

夜の街の喧騒が右耳に届くのを、赤髪の女は携帯電話でさえぎっていた。
携帯からは、長い呼び出し音が続いていた。
切ってはかけ直しのコールが合計二分を過ぎようというところで、ようやく電話がつながった。

『悪いな、観たかったアニメ映画が今日テレビ放映されてたんだ』

女は毒づいた。
電話口の男は、へらへら笑ってあしらった。
女は頭を押さえて、転落防止の金網に寄りかかった。
シャアンという音が、不思議に耳に心地よかった。
この場所は、とあるビルの屋上だった。

女は今日聞いた乙部と水野瑠架との会話を、かいつまんで説明した。
電話の向こうで、男はふむとうなった。

『呪い、ね。
マユツバな話だが、乙部のおっさんが連絡をよこしたんだからオレたちの領分なんだろうな。
あのおっさんの連絡してきた事件は、今のところハズレなしだし』

女はそれに続けた。

「でも、呪いとドラッグなんてどんなつながりがあるのかしら。
原因不明の死亡だったら、暗示とか過度のストレスとかで強引に説明がつくけど、
違法ドラッグなんてものが物理的に検出されるとかえって推測がつきにくいわ」

男は少し考えてから、独り言のようにつぶやいた。

『昔のシャーマンは、神秘性を高めるために幻覚剤を使用したというが』

男はくくっと笑った。
それから、気を取り直して続けた。

『オレたちの領分として考えるなら、生合成だな』

「生合成?」

女が間の抜けた声を出して、男は説明を加えた。

『そう、生合成。
つまり水野瑠架の体内で、ドラッグを生物学的に合成しているということだ。
それを呪いの言葉とともに吐き出して、対象に経気道的に投与する。
呪い自体は遠隔的なものじゃなく面と向かって言うらしいし、
本人も毒の煙を吐くイメージと言ったんなら、この辺が妥当なところだろうな』

女は髪をかき上げて問い返した。

「生合成って、そんなまさか。
それってつまり、アミノ酸からタンパク質を作ったり、ある種の動物が毒素を作ったり、
そういう合成と同じくくりで人間がドラッグを作り出してるって意味でしょ。
いくらなんでも、それはとっぴな考えすぎるでしょう」

男はくくっと笑った。

『今さらこの程度、とっぴでもなんでもないだろ。
乙部のおっさんに薬の種類を確認したが、天然物から採取可能なものだそうだ。
ならその遺伝子を導入することさえできれば、人間が生合成することも可能だ』

女は何か言いかけて、うまく言えずに言いよどんだ。
受話器の向こうから、カチリと何かのぶつかる音が聞こえた。
ピアスの当たった音だと、女は理解した。
男がつけているドクロ形のピアスを、女は思い出した。
そのイメージに気をとられている間に、男の声は女の耳に転がり込んだ。

『ピンと来ないようなら、遺伝子導入の例を見てみるか。
その屋上に段ボール箱がひとつ置いてあるだろ、それを開けてみな』

女は我に返って、男の言葉を聞き返した。
それから辺りを見回して、屋上の隅に段ボール箱を見つけた。
女はそれに歩み寄って、ふたを開けた。
中を見て、女は声を上げた。

「何これ!」

そこには猫がいた。
猫は、発光していた。
両方の瞳は緑色に輝き、体毛もまだらに緑色の光に包まれていた。
猫は緑の瞳で女を見上げると、ふてぶてしげににゃあと鳴いた。

電話口の向こうで、男は一度笑ってから説明した。

『GFP。
オワンクラゲ由来の緑色蛍光タンパク質、GFPの遺伝子を導入した猫だ。
まあGFPは単独では光らないから、下からブラックライトを当てさせてもらっているが』

女は胸を押さえた。
ドキドキと高鳴った心臓をなだめながら、女は男に確認した。

「GFPって確か、前に日本人のノーベル賞で話題になった」

男は是を返した。

『二〇〇八年ノーベル化学賞、受賞者の一人に下村脩氏。
GFPの科学的特長は、発光機構に酵素反応が関与しないこと。
そして遺伝子工学における最大の長所は、さまざまな生命現象を生きたまま観察できるということだ』

猫が前足を乗り出した。
ブラックライトの射程外に出た前足は、緑色に光っていた体毛が黒い毛色に変化した。
男は説明を続けた。

『例えば、ある動物の遺伝子における特定の領域がいつ発現しているかを調べるとする。
そのとき科学者は、その動物の受精卵にGFP遺伝子を導入するんだ。
導入する場所は、調べようとする遺伝子領域の中で、もともとの性質に影響を与えない部分。
そうしておけば、その遺伝子が発現したときにGFP遺伝子も同時に発現するから、
遺伝子の発現がひと目で分かる。
GFPの確認は紫外線を当てるだけだから、動物を死なす心配もない。
ちなみにその猫は、メラニン色素を合成する遺伝子にGFP遺伝子を導入している。
全身のうちメラニン色素を持つ部分だけが、GFPを発現してるんだ』

猫は段ボールから外に出た。
紫外線をまったく受けなくなった猫から、すっと緑色が消えた。
外に出た猫は、どこにでもいるような白黒ぶちの猫だった。
電話口の向こうから、男の説明は続いた。

『その猫への遺伝子導入は、レトロウイルスと呼ばれるウイルスを用いている。
レトロウイルスはすごいぜ、増殖のために寄生した細胞の遺伝子に、自分の遺伝子を上書きするんだ。
寄生された細胞はその遺伝子を読んで、せっせとウイルスを複製してしまう。
まあ人間はそれを応用して、ウイルスにGFP遺伝子を上書きさせるわけだがな。
導入には他にも、DNAを切断する酵素と接続する酵素を用いる方法、
金の微粒子にDNAを付着させ細胞内に撃ち込むパーティクル・ガンと呼ばれる方法、
電気ショックによって細胞に一時的に穴を開け、DNAを入れ込むエレクトロポーレーション法など、
それぞれの導入法に長所と短所があるわけだが、例えばレトロウイルスでは』

「ちょっ、ちょっと待った」

女は左手で頭を押さえた。
すり寄ってきた猫を右手でなでながら、女は肩で携帯をはさんで男に問いかけた。

「ええっと、遺伝子導入にいろいろな方法があるってのは分かったわ。
でも今重要なのはそれじゃなくて、水野瑠架の話でしょ。
水野瑠架がどうやってドラッグを用意してるっていう、そっちの話をしてよ」

男ははたと我に返った。

『そうだった、話がそれたな。
つまり水野瑠架は、なんらかの方法でドラッグを作る遺伝子を体内に取り込み、
呪いと称してその遺伝子を発現してるってことだ。
発現はその猫がメラニン色素に付随して発現するように、
特定のホルモンや情報伝達物質などなんらかの遺伝子とセットで発現している可能性が高い。
呪いという行為が儀式的な効果を発揮すれば、
精神にトランスをきたして脳内麻薬の洪水になるだろうからな。
それに付随してドラッグが出れば、呪いによる殺人の完成というわけだ』

女はうーんとうなった。
じゃれつく猫を両手でなでくり回しながら、女は尋ねた。

「よく分かんないけど、とりあえず人間がドラッグを作るのは不可能じゃないってことは分かったわ。
でも、さあ。
それって、本当にできるの?」

電話の向こうで、男が頭をかく音が聞こえた。

『うーん、そこなんだよな。
散々説明してきたが、それで本当に今回の事件みたいになるかといえば難しいんだよな。
人一人を殺せるほどドラッグを投与できるか、生成したドラッグが自分自身をむしばまないか、
そして一番の難関は、死亡は呪いの一ヵ月後というそのタイムラグ。
二人目の被害者なんかは、呪いをかけてからは瑠架と一度も会ってないらしいからな。
そういう問題をすべて解決しないと、この理屈で呪いが成立するのは不可能だ』

女はまゆ根を寄せて考え込んだ。
猫は女のひざに飛び乗った。
猫の腹を両手でうにうにしながら、女は思いついたことを口に出した。

「ミステリーだと、時間差を作るならカプセルがよくあるけど」

男は鼻で笑った。

『カプセルってなあ。
今は生体で合成する場合の話をしてるんだぞ。
生体で合成されて、経気道的に投与されて、なおかつ一ヶ月の時間差を作るカプセルなんて』

男ははたと言葉を止めて、つぶやいた。

『あるな』

「あるの?」

女は携帯に頭をかたむけた。
女の腹に顔をうずめる猫の頭上で、携帯からひとり言のように男の声がつらなった。

『うん、あるな。
この方法なら確かに、うん、一ヶ月のタイムラグを作ることもできるし、
しかもこれなら、遺伝子導入の経路も、さっき挙げた問題点も、一挙に解決するな』

女は手だけで、猫の背中をもふもふした。
男は少し考えてから、きっぱりと言葉を発した。

『乙部のおっさんに連絡して、笹原俊彦の遺体をもう一度調べてもらう。
今の考えが正しければ、痕跡が見つかるかもしれない。
だがそれで確定するのは、笹原俊彦がドラッグを投与された方法だけだ。
水野瑠架がこの方法で投与したと断言するには』

女は携帯を持ち直した。

「水野瑠架のサンプルね」

猫はぴくっと耳を立てた。
黒色の瞳が、自身が乗るひざの主の顔を見上げた。
携帯から、男の指示が流れた。

『水野瑠架のDNAサンプル。
できれば口腔内粘膜とか鼻粘膜の、気道系のサンプルがいい。
オレは別件でそっちには向かえないが、頼むぞ』

猫は女のひざから飛びのいた。
見上げる猫の視線の中で、女は立ち上がった。
最後にひとつ返事をして、女は電話を切った。

夜の街の喧騒が、彼女らのいるところにも登ってきていた。
笑みをたたえた女の顔は、さながら猫のようだった。






第3話

【投票】

目次 小説一覧 トップ