×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ガール「ルビー・サファイア編からは2vs2のポケモンバトルができるのよ」

ボーイ「ああ、いわゆる乱交プレイだな」

ガール「ダブルバトルじゃボケ(撲殺」


   *


ボーイ「というわけで、今回は乱……ダブルバトルを特集しようと思う」

ガール「せいぜいタンコブだらけにならないように気をつけるのね」

ボーイ「双子ちゃんと3p……ハァハァ」

ガール「……(ツッコむのも面倒なので無言で砂にしている」


   *


ボーイ「ラブラブカップルっているよね」

ガール「ええ」

ボーイ「金婚式ってのもいるよね」

ガール「そうね」

ボーイ「だったら『倦怠期夫婦』もいたっていいんじゃない?」

ガール「いやいやいや、倦怠期夫婦が仲良くダブルバトルとかありえないでしょ」

ボーイ「だったら奥さんの方だけボクが相手してあげようかな」

ガール「その発言はヤバさの度合いが違うからやめなさい(焼殺」


   *


ボーイ「ダブルバトルって相手のトレーナーは2人なのにこっちは1人じゃん。
    すごく不公平だと思うんだよね」

ガール「ダイヤモンド・パールからCPUが味方につくこともあるそうよ」

ボーイ「何、ホントか!?」

ガール「正式名称はマルチバトルって言うみたいね。
    CPUキャラと1体ずつポケモンを出して2vs2にするみたい」

ボーイ「なら男1人vs女3人という夢の4pも可能なんだな!?」

ガール「いや、パートナーは味方だから」

ボーイ「地震発動!!
    全員瀕死で行動不能、ずっとオレのターン!!」

ガール「マグマに封印されちまえ(刺殺」


   *


ボーイ「ダブルバトルはこっちから話しかけないと戦闘開始にならないのが不満だ」

ガール「別にいいじゃないのよ、ヤバいときに素通りできるんだから。
    それにこっちが1人なのに相手が2人そろって主人公に迫ってきたら怖いでしょ」

ボーイ「なるほど確かにな。
    先輩後輩が立ちふさがって『あたしたちが2人でアナタの相手をしてア・ゲ・ルv』とか」

ガール「だからヤバさの度合いが違う(圧殺」


   *


作者「先輩後輩が迫ってくるのはガチでいいと思う」

ガール「マグマに封印されちまえ(惨殺」


   おわりー


その5へ

目次 小説一覧 トップ